病院長挨拶
病院紹介
患者さまへ
外来のご案内
外来診療担当医表 休診のご案内
入院のご案内
女性病棟お見舞いメール
交通のご案内
お問い合わせ先
個人情報保護方針
部門紹介
チーム紹介
メディア情報
学術活動
入札情報
バリアフリー情報
リンク
情報公開
診療実績・臨床指標

消化器内科

 
 

診療内容

syoukakinaika

当院の消化器内科には4名の医師が勤務しています。消化器疾患全般を診させていただいていますが、特に消化管のがんの内視鏡的治療と肝臓がんの治療を積極的に行っています。
当院には健診センターも併設されており、検診バスも運用しています。検診で異常を指摘された受診者の方がスムーズに二次検査を受けていただけるように努めており、疾病の早期発見、早期治療に尽力しています。

近年、日本人は2人に1人ががんに罹患し3人に1人ががんでお亡くなりになると言われています。医学は日々進歩しており、いずれがんを克服できる日が来る
と信じておりますが、現状では早期発見が一番重要です。消化器領域のがんの中には難しいがんもございますが、多くのがんは早期に発見し早期に治療すること
によって根治することが可能になって参りました。
私たちも自身のスキルを高めスタッフと共に地域の方々の疾病の予防、早期発見、早期治療に努力していくつもりです。

shoukakinaika2016


医師のご紹介

常勤医師

img02
副院長 内科主任部長 松隈 則人
まつくま のりと
  • 医学博士
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本病院総合診療医学会認定医
日本では胃がんは男性、女性とも発生率が高く大腸がんは発生率が増加し、死亡率も高いがんです。全てのがんは早期発見が大事ですが特に 食道、胃、大腸の早期がんは内視鏡治療ができます。当科では健診センターや検診車でがんの早期発見に努め、積極的に内視鏡治療を行っています。がんは恐ろ しい病気ですが、早期発見できれば克服できます。私たちはがんの治療に日々努力しています。何かありましたらご遠慮なくご相談ください。

img04
消化器内科医長
佐々木 望
ささき のぞみ
  • 日本内科学会認定医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本肝臓学会認定肝臓専門医
肝臓は「沈黙の臓器」と言われています。自覚症状がなくても症状が進行していることもあり、定期的かつ適切な経過観察が必要です。肝炎、肝硬変、肝臓がん、脂肪肝などの肝臓疾患をはじめ消化管、胆嚢、膵臓疾患について、最良の治療と情報を提供できるよう努めています。

masuda hiroshi
消化器内科医員
増田 裕
ますだ ひろし
平成27年7月より当院勤務となりました。
患者さんによりそった治療を目指していこうと思います。
 

消化器内科医員
牛嶋 珠里
うしじま しゅり
 
PageTop