病院長挨拶
病院紹介
患者さまへ
外来のご案内
外来診療担当医表 休診のご案内
入院のご案内
女性病棟お見舞いメール
交通のご案内
お問い合わせ先
個人情報保護方針
医療安全管理指針
感染管理指針
部門紹介
チーム紹介
メディア情報
学術活動
入札情報
バリアフリー情報
リンク
情報公開
診療実績・臨床指標

平成28年度 久留米総合病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 33 130 269 586 524 782 759 536 144


【定義】
①平成28年度の一般病棟における退院患者で年齢別の患者数です。
②90歳以上は1つの階級で示しております。
③患者数が10未満の数値は-(ハイフン)で示しております。

【解説】
 当院は、乳腺外科、産婦人科があり、入院患者の68%を女性が占めております。また、全体では60歳から70歳の階級が最も多い患者構成となっております。


診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード


内分泌代謝内科






DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く)(末梢循環不全なし) 手術なし 処置2_1あり 定義副傷病なし 85歳未満 26 19.69 14.61 7.69 66.6  
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く)(末梢循環不全なし) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 85歳未満 12 14.58 11.48 0.00 63.0  
100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く)(末梢循環不全なし) 手術なし 処置2_1あり 定義副傷病あり 85歳未満 - - 16.31 - -  
100070xx99x010 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く)(末梢循環不全なし) 手術なし 処置2なし 定義副傷病あり 85歳未満 - - 12.46 - -  
100210xxxxxxxx 低血糖症 - - 6.96 - -  


【定義】
①各診療科別に患者数の多いDPC分類について上位5位までを示しております。
②DPCコード及び名称とは、入院期間中に最も医療資源を投入した診断名により分類されるコード及び名称となっております。
③患者数が10未満の数値は-(ハイフン)で示しております。

【解説】
 当院の内分泌代謝内科では糖尿病の教育入院などを行っております。また、手術を受けられる患者様の術前・術後の血糖コントロールを行っております。





呼吸器内科






DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 処置2なし 38 23.16 19.92 2.63 74.7  
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし A-DROP スコア1 30 19.33 13.60 16.67 85.0  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 24 23.33 21.25 8.33 88.4  
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 20 21.70 14.83 35.00 73.9  
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1あり 処置2なし 17 3.12 3.68 0.00 71.9  


【定義】
①各診療科別に患者数の多いDPC分類について上位5位までを示しております。
②DPCコード及び名称とは、入院期間中に最も医療資源を投入した診断名により分類されるコード及び名称となっております。
③患者数が10未満の数値は-(ハイフン)で示しております。

【解説】
 当院の呼吸器内科ではさまざまな肺炎の治療を行っております。細菌性肺炎や間質性肺炎などが最も多い疾患となっております。

また、DPC以外(短期滞在入院基本料3)の入院料のため上記には含まれておりませんが、睡眠時無呼吸症候群の検査入院も年間21件行っております。患者様の日常生活に支障がないように、夕方入院し翌朝退院できるよう一泊二日で行っております。





消化器内科






DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060050xx99x30x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む) 手術なし 処置2_3あり 定義副傷病なし 37 8.73 10.87 2.70 79.8  
060280xxxxxxxx アルコール性肝障害 35 7.26 16.16 5.71 61.6  
060050xx99x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 26 7.27 10.33 7.69 75.2  
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 処置2なし 24 7.58 5.50 4.17 57.0  
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む) その他の手術あり 処置2なし 17 15.94 11.74 0.00 77.5  


【定義】
①各診療科別に患者数の多いDPC分類について上位5位までを示しております。
②DPCコード及び名称とは、入院期間中に最も医療資源を投入した診断名により分類されるコード及び名称となっております。
③患者数が10未満の数値は-(ハイフン)で示しております。

【解説】
 当院の消化器内科では内視鏡的治療と肝癌の治療を最も多く行っております。また、DPC以外(短期滞在入院基本料3)の入院料のため上記には含まれておりませんが、内視鏡カメラによる大腸ポリープの切除術も年間74件行っております。





腎臓内科






DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 53 18.96 12.84 7.55 74.1  
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術,吻合術 その他の動脈等 処置2なし 定義副傷病なし 43 13.72 8.87 4.65 69.1  
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術,吻合術 その他の動脈等 処置2_1あり - - 37.06 - -  
110280xx97x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 その他の手術あり 処置2なし 定義副傷病なし - - 17.97 - -  
110280xx99020x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 処置1なし 処置2_2あり 定義副傷病なし - - 9.32 - -  


【定義】
①各診療科別に患者数の多いDPC分類について上位5位までを示しております。
②DPCコード及び名称とは、入院期間中に最も医療資源を投入した診断名により分類されるコード及び名称となっております。
③患者数が10未満の数値は-(ハイフン)で示しております。

【解説】
 当院の腎臓内科では血液透析及び腹膜透析に関する入院を主に行っております。中でもDPC以外(短期滞在入院基本料3)の入院料のため上記には含まれておりませんが、透析シャント閉塞に対してシャント拡張手術を年間104件行っております。また他の施設からの紹介患者も積極的に受け入れております。





循環器内科






DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 32 33.97 17.95 6.25 79.7  
050070xx99000x 頻脈性不整脈 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし - - 7.82 - -  
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 処置等1_なし,1,3あり 処置2なし 定義副傷病なし - - 11.38 - -  
050030xx99000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む),再発性心筋梗塞 手術なし 処置1なし - - 10.22 - -  
050140xx99x00x 高血圧性疾患 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし - - 9.30 - -  


【定義】
①各診療科別に患者数の多いDPC分類について上位5位までを示しております。
②DPCコード及び名称とは、入院期間中に最も医療資源を投入した診断名により分類されるコード及び名称となっております。
③患者数が10未満の数値は-(ハイフン)で示しております。

【解説】
 当院の循環器内科では心不全に対する加療、リハビリを多く行っております。また、ペースメーカー移植術・ペースメーカー交換術なども行っております。

 上記症例にはございませんが、全身麻酔を行う為の検査で心臓に異常がある場合など、より安全に手術を行うためのサポートも行っております。





外科






DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 60 9.13 6.82 0.00 58.8  
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 処置2なし 24 25.00 17.65 0.00 69.5  
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 処置2なし 19 10.95 12.73 0.00 67.1  
060035xx97x00x 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 その他の手術あり 処置2なし 定義副傷病なし 17 3.06 13.60 0.00 62.5  
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除,亜全切除又は悪性腫瘍手 16 18.94 15.92 0.00 71.7  


【定義】
①各診療科別に患者数の多いDPC分類について上位5位までを示しております。
②DPCコード及び名称とは、入院期間中に最も医療資源を投入した診断名により分類されるコード及び名称となっております。
③患者数が10未満の数値は-(ハイフン)で示しております。

【解説】
 当院の外科で最も多いのは胆嚢炎・胆のう結石症に対して腹腔鏡下による胆嚢摘出術となっております。開腹手術に比べ傷口が小さく手術後の回復も早いため身体にやさしい手術となっております。また大腸癌や胃癌に対しての手術も行っております。

DPC以外(短期滞在入院基本料3)の入院料のため上記には含まれておりませんが、15歳以上の鼠径ヘルニア手術も腹腔鏡下で年間31症例行っております。

4番目に症例が多い「結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 その他の手術」には安全に化学療法を行う為の、点滴用のカテーテルを埋めこむ手術や抜去術(1日から2日)が含まれているため、全国平均より在院日数が短くなっております。 





乳腺外科






DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx97x0xx 乳房の悪性腫瘍 その他の手術あり 処置2なし 257 2.55 6.11 0.00 56.4  
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 処置2なし 176 9.28 6.59 0.00 57.0  
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む))等 処置2なし 111 11.32 11.57 1.80 58.3  
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 処置2なし 108 10.93 10.3 0.0 59.9  
090010xx99x00x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 98 7.91 9.39 4.08 60.4  


【定義】
①各診療科別に患者数の多いDPC分類について上位5位までを示しております。
②DPCコード及び名称とは、入院期間中に最も医療資源を投入した診断名により分類されるコード及び名称となっております。
③患者数が10未満の数値は-(ハイフン)で示しております。

【解説】
 乳癌の治療において最も多く行われる手術にその他の手術があります。この中には治療の上で化学療法が必要な場合、抗がん剤を注入する為に頚部へ植え込み型カテーテルを埋設する手術が含まれます。入院当日に埋設し翌日退院となります。(退院せずにそのまま化学療法を開始する場合もあります)乳癌で最も多い手術は乳房部分切除術で、乳房を部分的に切除し乳房を温存する方法です。術後のドレーン管理や術創部の管理を慎重に行っている事で、平均在院日数が全国平均に比べ長くなっております。次に多い手術は単純乳房切除術で乳房全体を切除する方法です。どちらの方法も手術前日に入院し、術後の経過が良好であれば6日から10日前後で退院となります。手術後は殆どの方が自宅退院し当院の外来へ通院されています。

 また、平成28年7月からは放射線治療装置を導入し、乳がんの術後照射を目的とした治療も行っております。





整形外科






DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160620xx01xxxx 肘,膝の外傷(スポーツ障害等を含む) 腱縫合術等 26 18.00 11.91 0.0 46.5  
160690xx99xx0x 胸椎,腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む) 手術なし 定義副傷病なし 19 31.11 20.57 10.52 72.4  
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む) 人工関節再置換術等 17 40.24 26.26 35.29 76.2  
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩,股等 16 41.00 27.63 25.00 83.9  
070350xx99xxxx 椎間板変性,ヘルニア 手術なし - - 9.13 - -  


【定義】
①各診療科別に患者数の多いDPC分類について上位5位までを示しております。
②DPCコード及び名称とは、入院期間中に最も医療資源を投入した診断名により分類されるコード及び名称となっております。
③患者数が10未満の数値は-(ハイフン)で示しております。

【解説】
 当院の整形外科で最も多い症例は、半月板損傷やスポーツ障害よる膝の疾患となっており、平均年齢も46.5歳と比較的若い患者構成となっております。

 また、人工股関節置換術(膝)も多く行われております。





泌尿器科






DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 処置1なし 処置2なし 43 10.79 7.44 0.0 75.1  
11022xxx99xxxx 男性生殖器疾患 手術なし 12 10.75 8.83 0.0 56.1  
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり 12 8.75 9.44 0.0 71.9  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 11 10.27 12.43 0.0 61.1  
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 - - 9.98 - -  


【定義】
①各診療科別に患者数の多いDPC分類について上位5位までを示しております。
②DPCコード及び名称とは、入院期間中に最も医療資源を投入した診断名により分類されるコード及び名称となっております。
③患者数が10未満の数値は-(ハイフン)で示しております。

【解説】
 当院の泌尿器科で最も多い症例は膀胱の悪性腫瘍に対し尿道から行う手術となっております。またDPC以外(短期滞在入院基本料3)の入院料のため上記には含まれておりませんが、前立腺疾患に対し悪性の有無を調べるため特殊な針を前立腺に刺し、組織を採取する検査を1泊2日で年間34件行っております。





産婦人科






DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む) 腹腔鏡によるもの等 128 6.38 6.42 0.0 42.0  
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 116 10.27 10.05 0.0 44.5  
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 72 6.88 6.29 1.39 41.2  
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり 70 8.16 9.44 1.43 71.9  
120100xx01xx0x 子宮内膜症 子宮全摘術等 定義副傷病なし 54 7.28 7.92 0.00 39.0  


【定義】
①各診療科別に患者数の多いDPC分類について上位5位までを示しております。
②DPCコード及び名称とは、入院期間中に最も医療資源を投入した診断名により分類されるコード及び名称となっております。
③患者数が10未満の数値は-(ハイフン)で示しております。

【解説】
 当院の婦人科では腹腔鏡下の手術を数多く行っております。一番多い手術は腹腔鏡下卵巣良性腫瘍の手術で、平均在院日数は6.4日程と短期の入院となります。

次に多いのは開腹で行う子宮良性腫瘍の手術で平均在院日数は10日前後となっております。

 腹腔鏡下で行う子宮良性腫瘍の手術も子宮の手術全体の約4割と多く、平均在院日数も7日程と短期になります。手術前日に入院し、経過が良好であれば術後4日から8日前後で退院となっております。





麻酔科






DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070343xx99x20x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む) 腰部骨盤,不安定椎 手術なし 処置2_2あり 定義副傷病なし 15 18.93 11.16 0.0 74.5  
070350xx99xxxx 椎間板変性,ヘルニア 手術なし 14 10.79 9.13 7.14 45.9  
170020xxxxxx0x 精神作用物質使用による精神および行動の障害 定義副傷病なし - - 2.60 - -  
070341xx99xx0x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む) 頸部 手術なし 定義副傷病なし - - 7.20 - -  
070343xx99x01x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む) 腰部骨盤,不安定椎 手術なし 処置2なし 定義副傷病あり - - 18.36 - -  


【定義】
①各診療科別に患者数の多いDPC分類について上位5位までを示しております。
②DPCコード及び名称とは、入院期間中に最も医療資源を投入した診断名により分類されるコード及び名称となっております。
③患者数が10未満の数値は-(ハイフン)で示しております。

【解説】
 当院の麻酔科では腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症に対して、硬膜外ブロックなどを行っております。また、帯状疱疹後神経痛に対するペインコントロールなども行っております。




初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード





  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 23 - - - 23 - 1 7
大腸癌 13 12 34 16 13 14 1 7
乳癌 273 311 77 20 51 102 1 7
肺癌 - - - - 14 - 1 7
肝癌 - - - - 23 46 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

【定義】
①UICC病期分類とは国際対がん連合(UICC)で定められた悪性腫瘍の分類で、原発腫瘍の進展範囲(T)、所属リンパ節転移の有無と進展範囲(N)、遠隔転移(M)の有無の3つの要素の評価に基づいて0期~Ⅳ期の5病期(ステージ)に分類されます。
②患者数が10未満の数値は-(ハイフン)で示しております。
 
【解説】
 当院では乳癌の患者さんが最も多く、次いで大腸癌、胃癌、肝癌、肺癌となっております。

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード





  患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 16 9.13 43.1
中等症 62 21.00 80.3
重症 - - -
超重症 - - -
不明      


【定義】
①肺炎における重症度別(数字が大きいほど重症)に平均在院日数、平均年齢を示しております。
②入院の契機が肺炎の患者様を対象にしております。③重症度の計算には年齢・性別因子を考慮し、A-DROPスコアと呼ばれる定義を用いて計算しております。
④患者数が10未満の数値は-(ハイフン)で示しております。

【解説】
 当院は、呼吸器内科担当医によりさまざまな肺炎治療を行っております。もっとも多かった症例は細菌性肺炎となっております。


脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード







ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -


【定義】
①最も医療資源を投じた病名が脳梗塞で病型別の患者数、平均在日数、平均年齢、転院率を示しております。
②転院率は、他の病院及び診療所への転院とし、「転院患者数/全退院数」を退院率としております。
③患者数が10未満の数値は-(ハイフン)で示しております。

【解説】
 急性期脳梗塞で入院された方がほとんどで、平均年齢は80歳以上と高齢者の方が多く、入院期間は平均1ケ月程度です。治療とリハビリを行いそのほとんどが自宅もしくは施設に退院となっております。


診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
 


乳腺外科






Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 178 1.05 7.20 0 57.0  
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 166 0.04 2.80 0 57.1  
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 111 1.17 8.68 0 59.9  
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) 92 1.20 9.57 3.30 58.3  
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴う)) 23 1.00 7.61 0 59.5  


【定義】
①診療科別に手術件数の多い順に5術式について、患者数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢を示しております。
②患者数が10未満の数値は-(ハイフン)で示しております。

【解説】
 乳腺外科で最も多く行っている手術は、乳腺悪性腫瘍手術の部分切除となっております。二番目に多い「抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置」手術とは、安全に化学療法を行い治療中の生活の質を保つため、皮下に点滴用のカテーテルを留置する手術です。





外科






Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 70 1.70 6.89 0 59.3  
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 31 1.19 6.19 0 63.4  
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 25 0.32 1.60 0 61.2  
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 23 4.04 22.78 0 70.2  
K655-22 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術) 20 3.00 17.70 0 68.6  

【定義】
①診療科別に手術件数の多い順に5術式について、患者数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢を示しております。
②患者数が10未満の数値は-(ハイフン)で示しております。
 
 
【解説】
 外科では従来の大きく切開する手術に比べ、痛みや身体への負担が少ない腹腔鏡下手術が上位を占めております。




産婦人科






Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 170 1.00 4.30 0.00 40.8  
K877 子宮全摘術 91 1.15 8.57 0.00 46.9  
K8654 子宮脱手術(腟壁形成手術及び子宮全摘術)(腟式、腹式) 58 1.79 5.48 0.00 70.2  
K867 子宮頸部(腟部)切除術 44 0.00 2.05 0.00 42.9  
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 38 1.21 5.66 2.63 47.2  

【定義】
①診療科別に手術件数の多い順に5術式について、患者数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢を示しております。②患者数が10未満の数値は-(ハイフン)で示しております。
 
 
【解説】
 婦人科で最も多い手術は腹腔鏡下による「子宮附属器腫瘍摘出術(卵巣の良性腫瘍など)」となっております。腹腔鏡下の手術は痛みや身体への負担が少ないため、術後平均4.3日で退院しております。




整形外科






Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(股・膝) 19 1.74 38.63 36.80 75.9  
K0461 骨折観血的手術(大腿・上腕) 15 5.67 32.73 66.70 83.7  
K068-2 関節鏡下半月板切除術 13 1.38 14.69 0.00 60.3  
K079-21 関節鏡下靱帯断裂形成手術(十字靱帯) - - - - -  
K028 腱鞘切開術(関節鏡下によるものを含む)(指) - - - - -  


【定義】
①診療科別に手術件数の多い順に5術式について、患者数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢を示しております。
②患者数が10未満の数値は-(ハイフン)で示しております。

【解説】
 当院の整形外科ではスポーツ・膝診療専門医による人工関節置換術(股・膝)が年間19症例で最も多く行っております。術後リハビリ等を行うため術後の平均日数は38.6日となっております。また、急性期治療を終えた後は紹介元病院での治療となるので、転院率も36.8%となっております。 





腎臓内科






Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 104 0.35 0.49 2.88 72.4  
K610-3 内シャント設置術 27 4.93 19.70 14.80 69.0  
K6147 血管移植術、バイパス移植術(その他の動脈) 22 5.32 15.82 18.20 72.3  
K608-3 内シャント血栓除去術 - - - - -  
K607-3 上腕動脈表在化法 - - - - -  


【定義】
①診療科別に手術件数の多い順に5術式について、患者数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢を示しております。
②患者数が10未満の数値は-(ハイフン)で示しております。

【解説】
 腎臓内科で最も多い手術はシャントトラブルによる「透析シャント拡張術」で、当院の患者だけではなく他施設で透析を受けている患者さんの手術も行っております。シャント拡張術は主に日帰り手術で行っております。転院率の2.8%は他の施設で透析中の患者を受け入れているためとなっております。手術後は速やかに紹介元病院へ逆紹介いたします。





消化器内科






Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 74 0.05 2.04 0.09 62.5  
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 27 0.52 3.59 0.00 64.2  
K654 内視鏡的消化管止血術 15 2.20 19.73 13.3 71.2  
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) 15 1.47 10.07 0.00 76.7  
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 11 1.64 9.73 0.09 83.4  


【定義】
①診療科別に手術件数の多い順に5術式について、患者数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢を示しております。
②患者数が10未満の数値は-(ハイフン)で示しております。

【解説】
 消化器内科で最も多い手術は内視鏡による大腸のポリープ切除となっております。平均2泊3日での治療となっております。また、肝硬変やがんなどで溜まった胸水や腹水をぬいて必要な成分を体に戻す「胸水・腹水濾過濃縮再静注法」も年間27件行っております。





泌尿器科






Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 45 1.93 7.80 0.00 75.2  
K802-21 膀胱脱手術(メッシュ使用) 12 1.50 6.25 0.00 71.9  
K8412 経尿道的前立腺手術(その他) - - - - -  
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - - - - -  
K8352 陰嚢水腫手術(その他) - - - - -  


【定義】
①診療科別に手術件数の多い順に5術式について、患者数、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢を示しております。
②患者数が10未満の数値は-(ハイフン)で示しております。

【解説】
 泌尿器科で最も多い手術は経尿道的に行う膀胱の悪性腫瘍手術となっております。入院翌日に手術を行い、手術後は平均7.8日にで退院します。久留米大学泌尿器科学講座との連携を図り、一人ひとりの患者さんにとって最適な医療が提供できるよう努力しています。




その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード




DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 1 0.027
異なる    
180010 敗血症 同一 2 0.053
異なる    
180035 その他の真菌感染症 同一 1 0.027
異なる    
180040 手術・処置等の合併症 同一 1 0.027
異なる    


【定義】
最も医療資源を投入した傷病名がDIC(播種性血管内凝固症候群)、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症について全退院患者に対する発生率を示しております。

【解説】
 播種性血管内凝固症候群・敗血症とは感染症による全身性の重症な病状です。手術・処置等の合併症とは医療ミスとは異なりすべての術式・処置にて一定の確率で起こりえるものです。当院での発生率は全体の患者3,824人に対し播種性血管内凝固症候群は1症例で(0.027%)敗血症2症例(0.053%)手術・処置等の合併症の1症例(0.027%)と少なくなっております。


更新履歴
 

 

平成29年11月20日


平成29年9月21日

PageTop